唇の保湿方法

お肌がすべすべもちもちも、髪がボサボサだったり、唇が乾きだったりすると、全体的な傾向は全然良くないですよね?パッと見で壮健で美しくなるためには、お肌の保湿だけでなく、全身の保湿保全に努めることが大切なのです。ここでは、唇の保湿企画を紹介します。

唇に魅力を加えるためには、血行を良くすることが大切です。そこで後押しなのが「唇ぶるぶる体操」だ。素行は、毎日5~10分、唇のアップダウンをぶるぶると震わせるだけです。これを毎日行う結果、ぽってりとした潤いのある唇を手に入れることができるのです。TVを観ながらやガイドや書物を読みながらなど、いつでも簡単にできるので、気づいたところぶるぶるさせましょう。

唇が乾きの時に保湿するためにとても閃くのは“リップクリーム”でしょう。但し、リップクリームはふさわしい方法で塗らないといった、からきし効果がないのです。規則正しい塗り手法は、唇の縦のシワに沿ってリップクリームを塗っていくのです。私たちの唇は、繊維が縦に入った作りになっているので、リップクリームをシワに沿って縦方向に塗りつけるのがふさわしい塗り手法なのです。隣席に塗るという保湿効果がないだけでなく、外圧が深く荒れてしまうこともあります。

また、リップクリームが冷たくて固い状態だと、唇の皮がはがれたり荒れたりしてしまうことがあります。そのため、ときの前述から手で握って温めてから使いましょう。

ただ、リップクリームをちゃんと訴えるからといって、何度も塗れば望ましいということではありません。「荒れたら塗りつける」を1日に何度も増やす個人は、“リップクリーム禁断症状”に陥っているケー。リップクリームで保湿インパクトを得るには、食後、入浴復路、就寝前など、取り扱う間隔を必ず決めて、1日に5回までにください。http://www.harmonie-merville.com/